フィールドの輝晶獣の話で、大きな魚を出して視界を遮るなどの嫌がらせがあったという投稿を、この前読みました。

軽く検索してみたところ、どうもそこまでするような「おかしい」人はごく一部で、輝晶獣仲間と一緒に楽しんでいる人が多いのではないかな、と思いました。

そういう方にとっては、輝晶獣勢全員ひとくくりにされて批判されるのは心外だと思います。

その上で、「嫌がらせ勢」について、僕は思うところがあります。

僕は、ドラクエ10を始める前に、別のゲームで、奪い合いが前提のボスを狩っていた時期があります。稀に高額報酬が出るので、目の色変えて追いかける人たちがいました。

毎日長時間、何種類かのボスの時刻をメモして倒しに行ってました。すると、同じ目的の人と遭遇するし、ボスについては横取りも容認されていて、熱い戦いが繰り広げられていました。PKは不可でしたが、ボスに沢山ダメージを与えた人に、ドロップアイテムの権利があるような感じでした。

毎日同じ人と遭遇して奪い合いになってたら、「こいつさえいなければ」と思います。先に戦ってるのに横殴りで大ダメージを与えられてドロップアイテムを取られたら、ますますドス黒い感情がわきます。

そういうとき、どうしますか?チャットで相手に罵声を浴びせますか?(僕がやってたゲームは、どうせ運営からはお咎めなし)晒されるけど。

そして、ボス狩り界隈全体が「あいつらしょーもないなぁ」などと言われる。

輝晶獣の話と似てると思います。

周りが全員敵だと精神衛生上もたないので、ボス戦でよく会う人たちと何となく知り合い・お友達ができて、湧く時刻を共有するようになって、たまに譲ったりというのもあって、完全に孤独ではありませんでしたが、「完全に敵の人」やBOTまでいて、ドス黒い感情が消えることはありませんでした。

そのうち、「なんかこれ無駄なことやってるよなぁ」という思いが強くなり、しかもドラクエ10も始まったので、ドラクエ10に移ったわけです。

ドラクエ10の最初の印象は、「何もかも素晴らしい(逆に言うと、僕は今まで何をやっていたのだろう?)」でした。

それで、元のゲームへの執着は完全に消えました。そのゲームから離れてみると、どうでもいいんですね。なんであんなことに執着してたんだろう?ってなる。

その後いくつものスマホのゲームで似たような経験しました。一生懸命やる→ちょっと執着してしまう→それで3000円の課金ガチャを回しまくりたくなってしまう(それで破産する人もいる)。人の執着心を利用した集金システムなんだよなぁ。

スマホのそういうガチャゲーって、辞めた後は全くどうでも良くなって、なぜあんなに頑張ってたんだ?って思いますよね(思いませんか?)

どのゲームでも、「あまり執着しないように」気を付けた方が良いと思います。執着してるときって脳内麻薬でも出てるんじゃないかな。

時々自分を客観的に見て「これはゲームに執着してダメな人になってるな」と思ったら、ゲーム自体と距離を置いてみた方が良いと思います。

ドラクエ10の話をすると、頑張って何億ゴールドも貯めたってそんなに使い道ありませんからね。マイタウン買ったら大体終わり。

エンドコンテンツ行くために億の装備買う?それで称号もらう?おしゃれ装備もらう?うん、まぁ、ちょっと執着してる気もするけど、それが楽しいなら良いかな?でも、輝晶獣の奪い合いでドス黒い感情が湧いて嫌がらせって、楽しくないよね?

それが毎日のように続いて、作業をするとゴールドが増えて、輝晶獣を奪いに来る他人への憎悪、憎悪してる相手に勝った時の快感、明日も明後日も来年もそれを続ける(つもり)って怖い話じゃないですか?

上に書いたけど、もし自分に疑問を持ったら、執着していることから離れて別のことをやってみると良いと思います。

以上、似たようなことを経験した人の視点で書き散らしてみました。