人気ブログランキング ブログ村

超DQXTV #1 速報 ~ 教えて!青山さん

今回は「フレームレート」についてのお話でした。

フレーム=静止画1枚、パラパラ漫画と同じ仕組みで動いているように見せている。
20171106フレーム1

フレームレート=フレームの更新頻度(fps:frames per second)
20171106フレーム2
答:2秒間で60枚ということは、1秒間で30枚なので30fps

60fpsなら1/60秒ごとに更新、30fpsなら1/30秒ごとに更新。
20171106フレーム3

60fpsで計算が間に合わなかった場合→次の1/60秒のときに表示、1フレーム飛ばす。
20171106フレーム4

アラハギーロの湖など自分が逆さになって写り込むときは、キャラクターを描画した後追加でひっくり返した状態を計算して描画するので、処理キャラクター数が実質2倍に!
20171106フレーム5

・フレームレートが大きい方が動きが滑らかに見える。
・フレームレートを小さく設定した方が(30fpsと60fpsを選択できる場合、30fpsを選択すると)省電力になるはず。将来的にNintendo Switchでフレームレートを選択可能にする予定で、フレームレートの設定を小さくする(30fpsにする)ことでバッテリーが長持ちする・・・と思われる。原理的に、PCでも同様。

※電力の全てをフレームレート向上に使っているわけではないので、60fps→30fpsで単純に消費電力が半分にはなるわけではない(※ブログ筆者アキラ解説)。

1秒間に30枚、60枚も静止画(フレーム)を描いているなんて、コンピュータは速いですね!

タイトルとURLをコピーしました