座談会に応募した理由

私が『プレイヤー座談会』に応募しなかった理由(私はドラクエ10を続けるよ、ゲゲさん)

「ゲゲさんが応募しなかった理由」=「僕が応募を躊躇した理由」そのまんまです。考えることはみんな同じなのかな?

1.自分が話せる内容がない
まず、僕は話すことが得意な人間ではありません。人見知りしやすいし。スイッチが入ればうるさいくらい話すらしいですけど(あまり自覚ない)。

2.今後記事を書く際に気を使ってしまう(忖度)。
元々気は使ってますが、過剰に気を使うことになるかも知れません。元々アンチではないし、実はあまり影響はないかな。

3.家から出たくない。
そうそう、これですよ!面倒くさいというより、心理的な障壁がある。まぁ、僕の習性を考えると、家から出るところさえクリアすれば目的地にちゃんと行くと思います。

では、なぜ僕は応募したか(ブログには書いてなかったけど応募しました)。

1.参加できる人は喜ばなければならないような空気
10人くらいしか参加できないし、すごい倍率になると思います。もしかしたら応募しないと損なのでは?という思考。

2.チャレンジ。僕は面倒なことから逃げようとしてしまう悪い癖があると自覚しています。その面倒なことが「得」であってもです。座談会も「面倒」であって「逃げたい」ことなのですが、それこそ「悪い癖」と思い、チャレンジしてみることにしました。

いくら一応ブログ書いててブロガー枠だとしても、倍率10倍は超えるでしょう。だから、自分は選ばれると決めつけて色々書くと、恥ずかしい結果になる可能性が高いと思います。それでも「仮」の話を書くと、別に討論会ではないので、提案内容をいっぱい持って行って運営に突きつけるとかいう考えではく、気楽に行ってこようと思います(仮に当選したらの話ですが)。

◆〇〇は参加するな!という怖い意見(ゲゲさんの言葉そのまま)
→その例を1つ引用してみます。
プレイヤー座談会に呼ぶ方は慎重な審査を(提案広場)
濃い内容とするためにも、善意を持ってドラクエ10の応援を主目的にしたファンサイトやプレイヤーイベントをよく主催している方を招待するのはよいのですが、攻略サイトの作成・管理者を招待するのだけはやめて下さい。
彼らはドラクエ10を楽しんでいるというよりは、ドラクエ10を利用して利益を得ようとしている人たちです。
彼らは自らが出席した座談会の内容をウェブで公開し、アクセスを集めようとするでしょう。

攻略サイトといえば「極限」と「虎」が思い浮かびます。どちらも、大型アップデートからほどなく「よく調べたな」と思う内容を公開しています。例えばバージョン4.1で言うと、樹天の里のもう1つの出入り口・・・当たり前のように載ってました。極限の管理人さんはタイムアタックをしたり、ブログも書いていますが、ゲームを楽しんでいなければなかなか書けないと思います。
ゲームを楽しんでいると思うから、大手攻略サイトの管理人さんには参加して欲しいと思っています。すごく攻略する人たち・・・僕は彼らを「本物」だと思っています(そこらのブロガーでは真似できない)。だからちょっとお話をきいてみたいです。

確かに利益を得ようとしていると思いますが、別に悪いことではないでしょう。嫌なら「極限
」も「虎」も見なければ良いだけの話です。他人が儲けても自分には関係ないと思うのですが、なぜか「嫌だから見ない」を超えて目の敵にする人がいます。そういう人って案外多いのでしょうか。ただの「嫉み」のような気がしますが・・・(ホイミソさんもちょっと書いてた気がする)。

時計、強さ予報

Twitter

人気ブログランキング

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


検索フォーム

カテゴリ別アーカイブ

人気記事

ブログランキング

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエ10へ

画像等の著作権

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO