勇者の聖壇の変化

※この記事はバージョン4.1のネタバレを含むかも知れません。

バージョン4.1メインストーリー開始前の勇者の聖壇に書かれている内容をご覧下さい。
20180226勇者の聖壇
バージョン4.1メインストーリーをクリアすると、これが別の内容に変化します。主人公が帰還した後にその文字を変更している余裕はなかった。つまり、歴史が微妙に変化したわけです。

5000年前のときも思ったのですが、歴史が変化したら自分もアンルシアも色んな人も生まれてこなくなる可能性がある・・・と普通思うでしょう。しかし、現在から過去へ行く自分が消えてしまうような歴史改変は不可能と考えれば辻褄は合います。

バージョン4までに起こったことが全く覆らない、或いは「元々そうだった」という解釈しかできない歴史改変ならば可能ということです。過去への時間旅行というのは、一歩間違えば、みんなも元々存在しかったことになって、帰ってみたら全然違う人物に変化していた、なんていう可能性ももしかしたらあったかも知れません。バージョン3まで一緒に旅をした人物もストーリーも全部変化してしまう・・・あるいはそこまでの変化は主人公すら自覚できず「元々そうだった」ことになってしまう?

500年前のときはおばさんの性格が変わって、破邪船が現在も存在していることになりました。歴史改変に関わった主人公やホーローだけがそれを自覚でき、他のみんなは気付くことはなく「元々そうだった」と思うわけです。歴史改変に関わった者だけが、何がどう変化したか「記憶」している、という世界観なわけですね。

キュルルは「すでに起きてしまった歴史を変えるのは簡単なことではない」とも言っていたので、それもドラクエ10の世界の真実なのでしょう。でも台座の文字くらいなら割と変化する?そこはふわっとしているわけです。時間軸のゆらぎ範囲とでも言うのか・・・。

さて、偽のグランゼドーラ城の勇者の聖壇に書かれた内容はバージョン4.1クリアで変化したでしょうか?・・・変化しませんでした。

偽の世界が創造された時点では元の内容だったと考えるのが自然だと思います。その後、歴史研究者の進言で書き直した。それとも、コピーするときに意図的にちょっと書き換えたケースもあったから・・・といのはちょっと苦しいでしょうか。

時計、強さ予報

Twitter

人気ブログランキング

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


検索フォーム

カテゴリ別アーカイブ

人気記事

ブログランキング

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエ10へ

画像等の著作権

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO