NHK「ドラゴンクエスト30th そして新たな伝説へ」

文字起こしピックアップ。テレビ画面見ながら文字打ってました。

堀井雄二さん

・やる人の身になってゲームを作る。

・堀井さんがドラクエをするときの名前は?
→「ゆうぼん」と、もう1つは秘密

・主人公が勝手にタンスを開けたりツボやタルを割ったりするが?
→「僕も人の家に行くと冷蔵庫勝手に開けたりする」が・・・
 ゲームの中だからできる。

・堀井さんがドラクエを作る上で大切にしていることは?
→楽しめるかどうか。
 「どうしたらよいか分からない」は無しで。
 これやったら次どうなるの?という期待感。

・キラーパンサーの名前をいつもゲレゲレにする、なんであんなに変な名前ばかりなのか?
→そんなに変ですかね?ゲレゲレは堀井さんの中では一番なかった。
 (ゲレゲレはないと言ったのは別の人だったらしい)

・ドラクエ7のキーファは意味ありげに退場した後、話に出てこないが?
→もっと後に離脱していたのを、早めにいなくなるように変更した。
 ドラマに切なさを出したかった。

・ドラクエが成功して一番良かったことは?
→こんな部屋(ドラクエの部屋)にも住めたし良かった。ゲームが好きでゲームのことを考えていると色々思いつくが、他のことはできないんじゃないか。時代も良かった、運も良かった、天職。

鳥山明さん

・イラストの段階で、実際に動かすことが不可能にならないように考えている。

・没デザインが山のように存在する。

・ドラクエの仕事はしんどいが、引き受けたからにはちゃんとやる。

すぎやまこういちさん

・(ドラクエ11は)全部新曲でやる、引き受けたものの大変。

・ドラクエが大好きなのでそれがある限り続けて行ける。

・ドラクエの音楽は、最初のインパクトがなくても何回聴いても飽きないクラシック音楽をベースに作っている。

堀井雄二と中村光一との出会い~ドラゴンクエストの誕生

・まだ日本では馴染みがなかったRPGに注目していた。
→ウィザードリー、ウルティマ・・・2つの良いところをとって混ぜよう。
 (少年)ジャンプでやる。鳥山明さんがゲーム好きだったし「いいですよ」と。

・千田幸信さんは「We are the worldのメーキングビデオ」を見て、その曲をヒットさせる、するんだという前提で作っている→「最初に決意しないといけないんだ」と思った。そして、「これから世界一のゲームを作ります」と宣言してドラゴンクエストの開発が始まった。

・(ドラクエI)漫画の吹き出しを書くようにセリフを考えることで温かみが生まれた。

・鳥山さんのかわいいキャラクターでさらに温かみが増した。

・鳥山さんのモンスターはユーザーと目が合うように描かれている。

・RPGの大量の文字情報をテレビ画面で表現する方法を考えて、ドラクエIの画面のようになった。

・千田さん:物足りなかったのは音楽だったが、偶然すぎやま先生と知り合うことができた。
→すぎやまさんが将棋ソフトの感想を送って千田さんが読んだことから会って話が進んだ。
→中村さんと堀井さんのところに千田さんが行ってすぎやまさんを推す。「ゲームをよく知らない人に頼むのは良くない」と反対されたが、すぎやまさんがゲーム好きだったことから、すぎやまさんが加わる。
→一週間で作れと言われてすぎやまさんは8曲を作った。
 (序曲は数分、だけど、それまでの作曲活動があったからこそ、すぐできた、ときいたことがあります)

・Iは発売後いまいち売れなった。50万本くらいから無理矢理100万本にした感じ。ドラクエIIで火が付き、IIIで発売日に行列ができるなど社会現象になった。

まとめ

・堀井雄二「人生はロールプレイング」
 「人の目を気にしないで自分で生きたらいいんじゃないか」

感想

あ・・・はい、じゃあ好きに生きます(え!?)

将棋ソフトの話は前にきいたことがありましたが、ドラゴンクエストが現在までのように出来上がるような運命だったのかな、という感じもします。少年ジャンプ誌上で盛んに宣伝しているのも見ましたし。勿論、世界一のゲームを作るんだ、という強い意思のおかげだと思います。

ドラクエIを弟が買ってきてやったとき、それまでにはない体験でした。セーブは「復活の呪文」を20文字くらい紙に書いて記録する方法でした。ある意味電子的に壊れない安心感?今なら写真撮りますよね。

ドラクエIIのときはもう友達みんなやっていました。

ファミコン用のドラクエIIの箱、カセットと説明書、復活の呪文メモ。
20161229ドラクエ2の写真

開発現場の様子がチラッと紹介されましたが、今でも堀井雄二さんが会議に出席して結構細かく意見を仰っているようです(ドラクエ11の現場だと思いますが)。言われる側の立場になったら結構緊張しそうです。

キャラクターデザインなどをめぐって鳥山明さんとメールでやり取りする世の中。メールの文面も紹介されましたが、プロですね(周知の事実ですが)。プロと仕事をするときの緊張感が伝わって来ました。

ドラクエ11はきっと面白いゲームになるでしょう。

時計、強さ予報

Twitter

人気ブログランキング

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


検索フォーム

カテゴリ別アーカイブ

人気記事

ブログランキング

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエ10へ

画像等の著作権

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO